◆英語による授業のためのスキルアップ研修

プログラム名:英語による授業のためのスキルアップ研修

【概要】
授業を英語で行う科目を担当する、あるいは担当が期待されている教員が増えてきています。スピーカー(教員)が、聞き手(学習者)の興味を惹きつけ、メッセージ(学習内容)をわかりやすく伝えるという点で、より効果的に授業を行うためにはプレゼンテーション・スキルが役立ちます。本ワークショップ(WS)は、プレゼンテーション・デリバリーに焦点を当て、参加者ご自身のプレゼンテーションスタイルを振り返り、よりわかりやすい授業を行うためのスキルアップを目指します。  
WSの流れは、(1)科目を英語で教える留意点を概観、(2)コミュニケーションを促進する活動内容を共有、そして(3)ご自身で作成された授業活動を実践、となっております。参加者の皆様には事前課題として授業活動を作成して頂きます。Zoomによる同時双方向型オンライン開催となり、参加された皆様と意見を共有する時間を多く設けます。ご自分の授業活動を実践される際、画面で共有しながら、マイクをオンにしていただき、参加者の皆様(ペア・グループ)に説明していただきます。効果的なプレゼンテーションの要素であるアイコンタクトやジェスチャーも共有していただきたいと考えておりますので、もし可能であれば、グループ活動中、カメラもオンにして下さると助かります。
本WSの目標は、ご自身の授業で活用できる実践的なアイディアを多く持ち帰っていただき、より自信を持って担当科目を英語で教えられることです。また、本WSは、英語で担当科目を教える事に経験が浅い日本人教員を対象としており、使用言語は英語の予定ですが、柔軟に対応いたします。

【到達目標】
・効果的なプレゼンテーション・デリバリーの要素を説明できる。
・「自信/安心」を持って担当科目を英語で教える心構えができる。

・日時:2023年2月24日(金)10:00~12:00
・方法:Zoomによる同時双方向型オンライン開催
・対象:大学・高専等の機関において理工学教育に携わる教職員、非常勤講師等
・人数:先着30名程度(希望者多数の場合、理工学教育に携わる教職員の方を優先します)
・費用:無料

・申込方法:下記よりお申込み下さい。

https://forms.gle/vpMMHsfzXMdTAvVy6

・申込締切:2023年2月10日(金)まで。
なお、定員に達した場合、早めに申し込みサイトを閉じる場合があります。

【担当者紹介】
恒安眞佐(芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター/建築学部 教授)

【問い合わせ先】
芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター事務課
edudvp@ow.shibaura-it.ac.jp