◆【終了しました】英語による授業のためのスキルアップ研修

芝浦工業大学・教育イノベーション推進センターでは、「理工学教育共同利用拠点」事業として、以下の研修を開催することになりましたので、皆さまの申込みをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

プログラム名:英語による授業のためのスキルアップ研修

・日時:2018年7月7日(土)10:00~12:00 (当日午後には「研究室指導に必要なコーチング技能入門WS」あり)
・会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス (会場の詳細は参加決定者に対して追って通知します)
・対象:理工学教育に関わる大学・高専等の教職員
・人数:先着30名程度(希望者多数の場合、理工学教育に携わる教職員の方を優先します)
・費用:無料

【概要】
授業を英語で行う科目を担当する、あるいは担当が期待されている教員が増えてきています。スピーカー(教員)が、聞き手(学習者)の興味を惹きつけ、メッセージ(学習内容)をわかりやすく伝えるという点で、より効果的に授業を行うためにはプレゼンテーション・スキルが役立ちます。昨年12月に実施した「英語による授業のためのWS」では、授業内でのアクティブラーニングを含む、授業内活動における学生とのやり取りを中心としました。本プログラムでは、プレゼンテーション・デリバリー(アイコンタクト・ポスチャー・ボイスインフレクションなど)にフォーカスを当て、参加者ご自身のプレゼンスタイルを振り返り、よりわかりやすい授業を行うためのスキルアップを目指します。デリバリーの一部として、発音についてもお話しします。ネイティブのような発音をする必要はまったくありませんが、英語の音のメカニズムを知ることは「聞く力」にもつながります。本プログラムを通して、英語で授業を行う際の「自信/安心」を得ていただけることを目指します。(この研修は英語で行われます)

【到達目標】
1. より効果的なプレゼンテーション・デリバリーを説明できる。
2. ご自身のデリバリーにみられる傾向を確認することができる。
3. 英語発音の自信につながる改善点を見つけることができる。

【担当者】
ホートン広瀬恵美子(芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター/建築学部 教授)

【問い合わせ先】
芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター事務課 edudvp@ow.shibaura-it.ac.jp

◆【終了しました】反転授業入門WS

芝浦工業大学・教育イノベーション推進センターでは、「理工学教育共同利用拠点」事業として、以下の研修を開催することになりましたので、皆さまの申込みをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

プログラム名:反転授業入門WS

・日時:2018年5月26日(土)13:00~16:00 (当日午前に「ルーブリック評価入門WS」あり)
・会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス (会場の詳細は参加決定者に対して追って通知します)
・対象:大学・高専等の機関において教育に携わる教職員等
・人数:先着30名程度(希望者多数の場合、理工学教育に携わる教職員の方を優先します)
・費用:無料
・申込方法:下記よりお申込み下さい。
https://goo.gl/U6vmgN
・申込締切:2018年5月12日(土)まで。なお、定員に達した場合、早めに申し込みサイトを閉じる場合があります。

【概要】
アクティブラーニングを実践する手段の一つとして、反転授業への関心が高まっています。本WSでは、理工系科目における反転授業の導入を念頭に置いて、反転授業を中心とした授業設計の考え方、事前学習教材の作製法について学びます。反転授業に関心のある方、ご自身の担当科目に反転授業を取り入れてみたいと考えている方は是非ご参加ください。

【到達目標】
・反転授業とは何かを説明できる。
・反転授業が有効に機能するための条件を説明できる。
・反転授業を設計できる。

【担当者紹介】
角田和巳(芝浦工業大学 工学部 機械工学科教授)
長年にわたりICTを活用した授業配信や学修支援に従事。私立大学情報教育協会
常務理事として教育改善の調査研究にも取り組み、学外等で各種講演を行ってい
る。

【問い合わせ先】
芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター事務課
edudvp@ow.shibaura-it.ac.jp

◆【終了しました】ルーブリック評価入門WS

芝浦工業大学・教育イノベーション推進センターでは、「理工学教育共同利用拠点」事業として、以下の研修を開催することになりましたので、皆さまの申込みをお待ちしております。よろしくお願いいたします。

プログラム名:ルーブリック評価入門WS

・日時:2018年5月26日(土)10:00~12:00 (当日午後には「反転授業入門WS」あり)
・会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス (会場の詳細は参加決定者に対して追って通知します)
・対象:理工学教育に関わる大学・高専等の教職員
・人数:先着30名程度(希望者多数の場合、理工学教育に携わる教職員の方を優先します)
・費用:無料
・申込方法:下記よりお申込み下さい。
https://goo.gl/KcYy1J
・申込締切:2018年5月12日(土)まで。なお、定員に達した場合、早めに申し込みサイトを閉じる場合があります。

【概要】
高等教育においては、「何を教えたか」から「何を学んだか」というパラダイム転換の必要性が言われ、成績評価についても多様な評価基準を設定することが求められています。本プログラムでは、成績評価の目的・意義から出発して、高等教育において近年注目が集まっているルーブリック評価についての基本的な考え方を理解し、ルーブリック評価表作成の基本を身につけることを目的とします。

【到達目標】
1. 到達目標に基づく成績評価の基本について説明できる。
2. ルーブリック評価の意義と利点について説明することができる。
3. ルーブリック評価表の素案を自ら作成することができる。

【担当者】
榊原 暢久(芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター/工学部 教授)

【問い合わせ先】
芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター事務課 edudvp@ow.shibaura-it.ac.jp

◆【終了しました】21世紀に求められているグローバル人材を育てる高大接続教育

この度、「21世紀に求められているグローバル人材を育てる高大接続教育」を主テーマにして、高大接続ワークショップ(WS)を下記日程で開催致します。

高等学校側からは、暁星国際学園、深川高等学校、芝浦工業大学柏中学高等学校より、それぞれの学校におけるグローバル人材育成に関わる特徴的な教育の要点と高大接続における大学への要望等を報告して頂きます。また、芝浦工業大学から、gPBL、国際コースや高大接続プログラム例などについて報告して頂きます。その後、高等学校教育と大学教育とを如何にしてスムーズに連係できるかなどについて議論する予定です。
なお、本WSは、大学教育再生加速プログラム(AP)「高大接続改革推進事業」と本学「理工学教育共同利用拠点」との共催となっております。年度末でお忙しいところ恐縮ですが、ご参集いただけますと幸いです。
テーマ:「21世紀に求められているグローバル人材を育てる高大接続教育」
日 時:3月27日(火)、15:00-17:30
場 所:芝浦工業大学 豊洲キャンパス 研究棟5階大会議室
(http://www.shibaura-it.ac.jp/access/toyosu.html)
参加方法:下記URLよりお申込み下さい
https://goo.gl/efnkZa
参加費用:無料
申込締切:3月23日(火)正午まで。定員に達した場合、早めに申し込みサイトを閉じる場合があります。

プログラム:
14:30- 受付開始
15:00- 開会挨拶 芝浦工業大学 学長 村上雅人 先生
15:05-17:25
〇講演1“「学びの共同体」が生み出すグローバル人材”(講演30-40分+質疑応答)
暁星国際学園・ヨハネ研究の森コース 主任研究員 笠原正大 先生
〇講演2“「東京グローバル10」の指定を受けて”(講演20分+質疑応答)
東京都立深川高等学校 校長 市村裕子 先生
〇講演3“芝浦工業大学柏中学高等学校のグローバル教育”(講演20分+質疑応答)
芝浦工業大学柏中学高等学校 グローバル委員長・英語科教諭 安江慶二 先生
〇講演4“芝浦工業大学のグローバル人材育成の取り組み”(講演20分+質疑応答)
芝浦工業大学 副学長 井上雅裕 先生
□全体討論
17:30 閉会挨拶

主催:芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター
問合せ先:教育イノベーション推進センター事務課 <edudvp@ow.shibaura-it.ac.jp>

◆【終了しました】PBLに活かすプロジェクトマネジメント講座

【概要】
近年アクティブ・ラーニングの具体的な手法としてPBL (Project BasedLearning)への教育関係者の関心は高まる一方です.しかし,事例の情報は増える一方で,PBLの根幹を成す“プロジェクト”を円滑に進めるための知識や技術(ProjectManagement: PM)を体系的に学ぶ機会は,未だ少ないのが現状です.そこで,今回は,講義と演習を通じてPMの基本を学んでいただき,今後のPBLを更に効率的かつ効果的なものとする機会をご提供します.プロジェクト計画策定の基本的な手順を学び、PMのツールやテンプレートなどを演習で体験し.実際のPBL運営に使え、指導できることを目標にします。

【到達目標】
1.   PBLを進めるためのプロジェクトマネジメントの体系を説明できる。
2.   プロジェクトマネジメントの基本的ツールをPBLの運営に活用し、学生を指導できる。

・日時:2018年3月22日(木)10:00~16:00
・会場:芝浦工業大学 芝浦キャンパス (会場の詳細は参加決定者に対して追って通知します)
・対象:教育に関わる大学・高専等の教職員
・人数:先着30名程度(希望者多数の場合、理工学教育に携わる教職員の方を優先します)
・費用:無料

【申込方法】
下記よりお申込み下さい。
https://goo.gl/v55vJi

【申込締切】
2018年3月9日(金)まで。なお、定員に達した場合、早めに申し込みサイトを閉じる場合があります。

【担当者】
井上 雅裕(芝浦工業大学システム理工学部教授、PMI日本支部理事)
斉藤 学(PMI日本支部理事)
除村 健俊(芝浦工業大学大学院非常勤講師、PMI日本支部理事)
永谷 裕子(北海道大学大学院非常勤講師、芝浦工業大学大学院非常勤講師)
工藤 一彦(日本工学教育協会理事、東京電機大学 教育改善推進室)

【問い合わせ先】
芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター事務課 edudvp@ow.shibaura-it.ac.jp

◆【終了しました】英語で行う授業のためのワークショップ【実践編】

概要:芝浦工業大学では、主として留学生のために理工系の専門科目を英語で学べる科目を増やしており、英語での教え方のノウハウを学ぶワークショップを昨年12月9日に実施したところです。今回、その実践編として、英語での授業を互いに披露し、学びあうことのできるワークショップを開催することに致しました。これから英語で教えることを考えておられる先生、すでに教えているが自分のやり方でよいかどうかを確かめたい、他の先生がどのようにされているかを知りたいとお考えの先生方におかれましては、ぜひご参加下さい。

※本ワークショップは英語で行います

・日時:2018年3月8日(木)10:00~17:00
・会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス (会場の詳細は参加決定者に対して追って通知します)
・対象:大学・短大・高専等の機関において教育に携わる教職員等
・人数:先着20名程度 (希望者多数の場合、理工学教育に携わる教職員の方を優先します)
・費用:なし
・備考:参加者には東北大学工学部で行われた教員むけセミナービデオの事前視聴と、10分ほどの模擬授業の準備をしていただきます。詳細は参加決定者に対して追って通知します。
・ファシリテータ:トッド・エンスレン
(東北大学高度教養教育・学生支援機構 講師)
1998年イリノイ大学英語教授法修士号(MATE SOL)取得。
日本の短大、大学、大学院を中心に20年を超える指導経験があります。
東北大学着任以後は、大学教育支援センターと共同で、英語による授業、能動的学習、外国語としての英語教育、等に関する教員向けの研修ワークショップを開催するとともに、留学制度の整備と調整にも力を注いでいます。

【申込方法】
下記よりお申込み下さい。
https://goo.gl/BEXsYL

【申込締切】
2018年2月21日(水)まで。なお、定員に達した場合、早めに申し込みサイトを閉じる場合があります。

【問い合わせ先】
芝浦工業大学 教育イノベーション推進センター事務課
edudvp@ow.shibaura-it.ac.jp